HOME > 国際学術委員会

国際学術委員会への参加 <International Scientific Committees>

イコモスは、文化遺産に関わるさまざまな課題や問題について、それぞれの分野ごとに国際学術委員会(ISC)を設置して取り組んでいます。現在、その数は27に達しています。文化遺産の保存や保護のための理論や技術的な指針などを研究し、憲章やガイドラインなどを提唱しているほか、より良い遺産保存のためのトレーニング方法の開発や専門家・技術者の育成に努め、その分野の研究書や印刷物などの発行、国際会議の開催などを通じて学術情報の国際的交流を増進し、また分野を越えた課題に対して互いに協働して取り組むこともあります。各ISCは、それぞれ独自に事業を立ち上げて、主体的に実施しています。その成果や結果などは年間活動報告として、イコモス本部執行委員会Executive Committeeに提出され、承認を受けています。

ISCの運営方法、設置手続き、メンバーシップ、本部活動への関わり方等については、2005年ICOMOS総会(西安)で採択された Eger-Xi’an Principles for The International [Scientific] Committees of ICOMOS(エゲル-西安プリンシプルズ)に示されています。これによると、各ISCは、Expert Members、Associate Members、Non-ICOMOS Members、Institutional Members、Honorary Membersから構成され、各ISCでの投票権は、国内委員会からの正式な推薦をうけたExpert Member(各国一人まで)がもつことができます。すべてのISCの委員長で構成されるScientific Councilの代表者Coordinator3名は本部執行委員会にも出席しています。

日本イコモス国内委員会では、日本イコモスとして公式に推薦しているExpert Memberやその他のISC参加メンバーを通じて、それぞれのISCの情報をインフォメーション誌などでお知らせしています。以下のISCリストのうち、かっこ内はこれまでに日本イコモス国内委員会事務局に参加の連絡があった会員氏名です(2017年6月時点)。その後、参加状況は変わっている可能性があります。

今後も、より幅広い分野の専門家の方々をお誘いし、日本からの参加、貢献を拡大していきたいと考えています。2017年6月時点で、日本からの参加がないと思われるISCは次の通りです。

(2017年6月 更新)

↑ページのトップに戻る